身体に良い菌って

身体に良い菌ってどんな菌?

テレビのCMでもビフィズス菌や乳酸菌ってよく耳にしますよね?

 

身体にいい!
とかお通じが・・・
毎朝スッキリ!
とはヨーグルトや乳酸菌飲料のCMで流れていますね

 

それらの菌はほんとうに身体に良いのでしょうか?

 

まずはビフィズス菌と乳酸菌
ヨーグルトや乳酸菌飲料でおなじみですね。
これらは善玉菌の代表と言われていますが善玉菌の代表格はビフィズス菌なのです。
腸内にビフィズス菌は乳酸菌の1000倍以上棲んでいると言われています。

 

ビフィズス菌は悪玉菌の増殖を防ぐと言われている乳酸、酢酸を生成してくれます。
それにより腸内を酸性にしてくれ腸の蠕動運動を活発にします。ビフィズス菌で便通がよくなるというのはこの為です。

 

乳酸菌は毒素が発生するのを防ぐ作用があります。
ビフィズス菌と同じような働きがあり乳酸と酢酸を生成して、悪玉菌が作り出す毒素を防ぎ免疫強化、アレルギーの緩和など期待できます。

 

納豆菌、これも身近な菌だと思います。
納豆についている菌で枯草菌の仲間と言われている菌です。
納豆菌はビフィズス菌や乳酸菌をサポートしパワーアップさせる働きがあると言われています。
そんなこともあり納豆菌+ビフィズス菌や乳酸菌で効果倍増です。
納豆菌は抗菌作用も強く免疫力の強化、抗菌物質の産生、抗がん作用も期待できるというのですから凄いのです。

 

酵母菌も身近な菌だと思います。
ビール、パン、ワイン、みそ、しょうゆなど酵母菌なしでは作る事はできません。
酵母菌は簡単に言うとカビ菌で食品を発酵させ発酵食品を作り出します。
酵母菌もまたビフィズス菌や乳酸菌をサポート、パワーアップさせると言われている菌で、脂質やカロリーの分解、アミノ酸やクエン酸の生成といった作用があります。

 

これらビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酵母菌は大変身近な菌で体によいと言われている菌です。
その他にも体によい菌はたくさんあります。